Hotchpotch Miyagi

元某編集チョー、今しがないコーホーがお送りする、ごった煮みやぎ。

麺と大観音の町、中山。

中学一年まで住んでた中山。坂がひどく、交通の便が悪くて、終いにゃ地元の有力者が巨大観音像を建てた町、中山。あの頃(区政になるちょっと前)からあるのは、今じゃ「とらの子」ぐらい。オカザキスーパーもなくなっちゃったし。何より、今みたいなラーメン激戦区になるなんて、思いもしなかった。

でも、「まる伍」の支那そばは美味しかったな。今調べて店名を知ったわけですが。そして、川崎町に移転して三代目が切り盛りしている店が、あの「支那そば家」だと知ってノスタルジーに浸っています。家族の思い出の店なもんで、今度両親連れて行ってみようかしら…。


あ、話しを現代に戻しましょう。


中山というとラーメンに心を奪われがちですが、何気にうどんの名店もあるのですね。それが、武蔵野うどんの「手ぶちうどん 吉平」と、讃岐うどんの「うどん まるさん」。特にまるさんはお気に入りで通いつめています。

オーダーするのは、夫婦そろって「半熟玉子天生醤油うどん(658円)」を冷やで。無料で大盛り(1.5玉)、特盛り(2玉)も選べます。今日は久しぶりなので特盛りをコール。そして、着丼まで「いりこ天(200円)」に塩を振ってつまんで待ちます。この時間がまた至福なのですよ。

こちらのポイントは何と言ってもうどん。太くてコシが素晴らしいんだけど、他店と違うのが食感の滑らかさ。同じく泉区にある人気店にも行くけれど、まるさんと比べると粉感が若干残っていて喉に引っかかる。小豆島産の生醤油との相性も最高で、2玉とか超余裕。途中で口休めに食べる海苔の天ぷらがまた美味いのです。

どれくらい好きかって、伝説のメニュー「いつもの」が通じるほど。転職してから、なかなか今までのように通えないのが目下の悩みです。


さぬきうどん まるさん仙台市青葉区川平3-47-22(Google マップ)
UDON

UDON